幅広い細菌に対して効果的なジスロマックは、クラミジア菌にも効きます。クラミジアでお困りの方はぜひジスロマックを試してみましょう。

ジスロマックのジェネリックはあるのか

スーツを着ている男性

細菌感染症とは微生物の中でも細菌によって引き起こされる感染症のことを指します。
感染性微生物には、細菌の他に、ウイルス、真菌が有名ですが、細菌感染症に対して使われる薬は抗生物質、ウイルス感染症に対して使われる薬は抗ウイルス薬、真菌感染症に対しては抗真菌薬が用いられます。
この中でも抗生物質は種類も多く、幅広い選択肢から治療法を選択できるようになっています。

抗生物質の中でもジスロマックは大変有名な薬です。
この薬はマクロライド系抗生物質の仲間で、細菌のリボソームの50sサブユニットに結合してタンパク質の合成ができないようにする薬です。
これによって細菌に対して静菌的に作用します。
あくまで静菌的な作用ではあるため抗菌力は弱い方の抗生物質ですが、抗菌スペクトルが広く、様々な種類の細菌に効果を示します。

ジスロマックの特徴の1つとして効果の持続性が挙げられます。
この薬は体内に残りやすいという性質があり、それを利用して、3日服用すると7日間効果が持続する製剤、1回の服用で7日効果が持続する製剤など工夫がなされています。
これによって患者さんのコンプライアンスの向上が期待できます。

ジスロマックのジェネリック医薬品に関してですが、ジスロマック錠250mg、ジスロマックカプセル100mg、ジスロマック小児用細粒10%にはジェネリック医薬品が存在します。
特にジスロマック細粒小児用10%は大変苦みがある飲みにくい製剤でしたが、ジェネリック医薬品の場合は製剤的工夫がなされており、各社飲みやすい製剤となっています。
またジスロマックカプセル100mgのジェネリックとして錠剤100mgが髙田製薬から販売されています。
これもカプセルの飲みづらい子供にとってはうれしい製剤となっています。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索