幅広い細菌に対して効果的なジスロマックは、クラミジア菌にも効きます。クラミジアでお困りの方はぜひジスロマックを試してみましょう。

ジスロマックの正しい使用方法

考える女の人

ジスロマックは有効成分のアジスロマイシンが、幅広い細菌に対して抗菌作用を示します。
マクロライド系抗生物質なので、医師の処方薬となっており、病院で処方してもらうことで購入できます。
ジスロマックは一般的な飲み薬となる錠剤、小児用の細粒やカプセル、成人用に用意されたドライシロップと種類があります。

主にクラミジア感染症に対して有効で、使用した場合の完治する可能性は90%以上とされています。
クラミジアの治療では有効成分の血中濃度を一気に高くすることで効果を発揮するので、高濃度の投与を必要とします。
錠剤では1回の服用に250mgを4錠で1,000mgを1日1回飲むだけです。
細粒やカプセルは子どもの体重別に力価があるので、医師が処方した分を服用します。

しかし、ジスロマックは体内の細菌だけでなく善玉菌まで退治してしまうので、胃腸に強い影響を与えることがあります。
特に多い副作用で胃痛や腹痛、下痢が起こるので、胃腸が弱い人では、錠剤の250mgを2錠で500mgとし、1日1回で3日間に分けて飲む場合もあります。
このときは、特に食後や食前といった決まりはありませんが、血中濃度を維持するため必ず同じ時間帯で飲むようにしましょう。
また、ドライシロップだけは特殊な飲み方が必要となっており、1瓶の中に2,000mgもの高濃度の成分が入っているので、水でしっかりと溶かして飲むことが重要となります。

1回限りの飲みきりタイプで、1度の服用で7日間は効果が持続します。
錠剤以上に高濃度で体内に吸収させるため、飲むタイミングを間違えると血中濃度が上昇するため、酷い副作用に見舞われる可能性があります。
ドライシロップは食前、または食後2時間以上経ってから空腹時に飲むようにしましょう。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索